インシデント管理システム

Q .

現在手書きで報告していますが、システム化でどう変わりますか?

A .

SafeMasterインシデント管理システムの入力画面は、ペーパー報告と類似した画面構成になっており、パソコンに不慣れな人でも使いやすい記入形式となっています。
インシデント報告の記入時間が約1/2~1/3に短縮されたという医療機関もあります。
情報共有、改善対策、現場へのフィードバックなども簡単にできるようになり、さらなる安全文化の向上に役立ちます。

Q .

掲示板の医療安全ニュースを職員が見たかどうかの確認はできますか?

A .

医療安全対策室の画面からのみ、個々の職員が掲示板内のニュース、マニュアルを見たかどうかを確認することができます。

Q .

インシデント入力の内容は医療機関側のニーズに応じて自由に設定できますか?

A .

インシデント入力の内容は基本的に自由設定(運用途中でも)できます。日本医療機能評価機構の大項目(場面、内容、要因など)内での追加や訂正をお勧めしています。

Q .

日本医療機能評価機構への報告は可能ですか?

A .

各件数をCSV形式でデータ出力することが可能です。
XMLファイルへの出力にも対応しています。

Q .

インシデント報告に画像などを添付できますか?

A .

デジタルカメラで撮影した画像ファイルなどを添付することができます。
改善対策の際にも同様に画像データなどを添付することが可能です。

Q .

同一事例のインシデントが医師と看護師から報告されたような場合、 統計上1つにまとめることが必要ですが、対応可能ですか?

A .

複数のインシデントを「統合ボタン」によって1つにまとめる機能があります。
報告されたインシデントはそれぞれ元のデータのまま保存されます。

Q .

入力途中での保存は可能ですか?

A .

入力途中で一時保存することができます。
入力画面に一時保存ボタンがあり、ボタンを押すと一時保存され、ログイン画面に戻ります。
次回接続時に保存分を呼び出し、続きから入力することができます。

Q .

医療安全管理者が複数いる場合でも処理できますか?

A .

医療安全管理者が複数名いる場合でも運用可能です。
各医療安全管理者が担当する部署の設定も可能です。

Q .

医療安全管理室からのコメントはどのように返しますか?

A .

「意見欄」にコメントを入力し、報告者へ戻します。公開されるエリアと公開されないエリアを使い分けることができます。

Q .

SafeMasterインシデント管理システムには「針刺し報告」専用入力の仕組みも追加できると聞きましたが、 その他の報告の仕組みも追加することができますか?

A .

可能です。
インシデント報告の入力ボタンの下に各種入力機能を拡張できるように設計されています。
オプション費用は必要ですが、「転倒・転落入力」、「クレーム報告」、「患者様相談」等の専用報告機能を追加できます。

Q .

改ざん、書き換えはできないようになっていますか?

A .

報告者と医療安全管理者は修正できますが、修正後は必ず履歴が残ります。

Q .

インシデントを情報共有することで問題は起きないのでしょうか?

A .

インシデントの情報共有は職員のリスク感性の向上につながります。
情報共有(公開)するしない、共有する職種・グループ・権限などの設定は自由に行えます。
「漏えい」に関しては紙の回覧より発生しにくいと言われています。

Q .

個人ごとにインシデントの閲覧状況が分かりますか?

A .

管理者は全職員の未読インシデント、要回答、最終接続日などを確認できます。

Q .

掲示板の議事録やニュース、マニュアル等の閲覧状況は分かりますか?

A .

掲示板に収載されている議事録、ニュース、マニュアル等は文書ごとに閲覧状況を確認できます。
CSV出力も可能です。

Q .

統計分析では簡単にExcelグラフが作成できるのですか?

A .

Excelに自動連携しているためグラフが簡単に作成できます。
棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、クロス集計、多次元分析、期間指定の比較表が作成できます。
分析資料や委員会発表資料等の作成に効率的なしくみです。

Q .

改善対策の期限設定とそのチェックができますか?

A .

RCA法、FMEA、VTA、4M5E(4M4E)、SHEL法などによる分析結果入力と改善対策を管理し、期限を定め、完了チェックすることが可能です。

感染管理システム

Q .

感染に関する患者の各種情報をまとめて確認できますか?

A .

SafeMasterの感染管理システムでは、患者情報集中画面から各患者の感染状況、診療データ、検査データ、デバイス履歴、抗菌薬使用履歴、感受性情報などを一覧表とグラフで確認することができます。

Q .

病棟マップでは過去の情報を確認できますか?

A .

病棟フロアマップでは患者の現在の保菌状況だけでなく、時系列による過去の感染状況の遷移をビジュアルに表示できます。また、病棟フロアマップ゚から患者基本状況も確認できます。

Q .

アウトブレイク表示、感染疑い患者表示では条件設定ができますか?

A .

アウトブレイク表示ではアラートレベル(発生数、発生率など)を条件値として設定でき、感染疑い患者表示では体温、WBCなどを条件値として設定できます。

Q .

院内分離菌や抗菌薬関連の統計分析の機能はどうなっていますか?

A .

菌種別・病棟別の院内分離菌検出一覧(日報・週報・月報・年報)や菌種別耐性菌の新規検出患者一覧等を作成でき、グラフ化も可能。抗菌薬使用情報も病院全体・病棟別に使用量密度、使用量推移、使用量内訳、投与患者数などを統計分析できます。感受性パターンチェックも可能です。

Q .

院内ラウンド(患者、環境)の支援機能はどうなっていますか?

A .

患者ラウンドが必要な患者を条件値により抽出ができ、ラウンドの結果(指示、コメント等)を記録できます。
また、環境ラウンドの項目設定やチェックシートの結果入力が可能なだけでなく、チェックシートの結果を年別、月別に集計することができます。

褥瘡管理システム

Q .

DESIGN-R®は記録できますか?

A .

SafeMaster褥瘡管理システムでは、各褥瘡部位に対してDESIGN-R®の記録をとることができ、写真管理も可能。
時系列に一覧表示することができます。

Q .

体圧分散マットレスの管理はできますか?

A .

体圧分散マットレスの使用状況を種別・病棟ごとに確認でき、必要に応じてcsv形式で出力できます。

Q .

周手術期の記録をとれますか?

A .

手術予定患者の手術情報を連携・入力でき、麻酔の種類や予定体位から褥瘡予防計画を立てられます。手術後の褥瘡発生の有無や発生部位の情報も管理できます。

Q .

診療報酬の管理ができますか?

A .

院内の褥瘡ハイリスク患者ケア加算・褥瘡患者管理加算の対象患者一覧を随時確認でき、患者ごとに各加算の請求未済の管理ができます。

Q .

褥瘡部位の写真を取り込むことはできますか?

A .

SafeMaster専用携帯端末で褥瘡写真を撮影でき、写真を複数枚保存することができます。
写真データは専用携帯端末から無線LAN等でシステムに転送できます。

NST管理システム

Q .

栄養スクリーニングや栄養アセスメントを入力できますか?

A .

栄養スクリーニングではSGA、MNAなど医療機関のニーズに対応した設定が可能で、栄養アセスメントではBMI、基礎エネルギー消費量(BEE)、必要エネルギー量(TEE)を自動計算できます。

Q .

栄養管理計画、栄養治療実施計画を管理できますか?

A .

栄養管理計画は、その目標、栄養補給状況、方法や食事相談に関する事項等を入力でき、栄養治療実施計画では栄養サポートチーム加算の様式等にそって入力することができます。

Q .

チーム介入記録を入力できますか?

A .

主治医、栄養管理士、看護師、薬剤師、その他の専門職ごとに介入記録を入力・登録できます。

Q .

コンサルテーションやコメントを通知する機能はありますか?

A .

SafeMasterのシステム上で、患者ごとの栄養管理に関する連絡(回診依頼、患者情報など)をメール形式で相互に通知することが可能です。

Q .

嚥下障害スクリーニングはできますか?

A .

SafeMaster NST管理システムでは、医療機関のニーズに対応した嚥下障害スクリーニング項目を設定可能で、入力・登録した内容をエクセルまたはPDF形式で出力できます。

eラーニングシステム

Q .

研修コンテンツにはどういったものがありますか?

A .

各システムのソフト本体に3本のコンテンツが無料で含まれています。
セーフマスター社製のコンテンツ追加は別途費用が必要です。
「誰でもわかるRCA」、「FMEAを使いこなす」、「医療安全概論」、「医療と法」、「個人情報保護法に関する実務上の留意点」、「褥瘡 基礎・予防編」、「医療事故と民事刑事責任」、「医療過誤発生と対応事例」等から選択可能です。今後も順次追加予定です。
当サイトの教材紹介ページにて一部のコンテンツの動画サンプルをご覧いただけます。

Q .

SafeMasterではセーフマスター社制作のeラーニングコンテンツが3本標準搭載されているようですが、 その他のコンテンツは別に購入しなければならないのでしょうか?

A .

各システムのソフト本体に3本のコンテンツが無料で含まれています。
セーフマスター社製のコンテンツ追加は別途費用が必要です。
「誰でもわかるRCA」、「FMEAを使いこなす」、「医療安全概論」、「医療と法」、「個人情報保護法に関する実務上の留意点」、「褥瘡 基礎・予防編」、「医療事故と民事刑事責任」、「医療過誤発生と対応事例」等から選択可能です。今後も順次追加予定です。
当サイトの教材紹介ページにて一部のコンテンツの動画サンプルをご覧いただけます。

Q .

Safe Masterのeラーニングシステムでは、セーフマスター社が開発したコンテンツ以外の教材は使用できないのでしょうか?

A .

医療機関で作成されたパワーポイントやWord、Excelファイル等を教材として使用できます。またビデオ等も搭載が可能です。

Q .

院内研修をビデオ録画したものを、eラーニング研修教育システムに搭載できますか?

A .

ビデオ動画を搭載することは可能です。
ネットワークトラフィックを考慮し、200MB以下のファイルに分ける必要があります。

Q .

eラーニングのコンテンツを利用者によって変えることはできますか?

A .

SafeMasterのeラーニング研修教育システムでは、教材ごとに部門や個人にコンテンツを割り当てることが可能です。

Q .

個人ごとに受講状況を管理できますか?

A .

教材、個人ごとに受講状況やテストの合格・不合格を管理できます。またCSV出力も可能です。

システム連携・構成

Q .

端末を追加すると、ソフトの追加料金は発生しますか?

A .

SafeMasterでは端末を何台接続してもソフトのコストは変わりません。
他社ソフトでは接続台数やユーザー数によってコスト上昇するものもありますが、SafeMasterでは料金は変動しません(オプションは別途料金が必要です)。

Q .

SafeMasterはWebシステムですか?

A .

SafeMasterはWeb型アプリケーションで、サーバー側はFlashとPHPで構築されています。
クライアント側はブラウザ(IE5.5以上)とFlashPlayer8以上で動作します。
専用ソフトのインストールは必要ありません。
クライアントライセンス費用は不要です。

Q .

このシステムを導入して、他システムへの影響はないのですか?

A .

SafeMasterはどのシステムもWeb型で、クライアントではブラウザとFlashPlayerの標準的なソフトのみで動作するため、特に影響はございません。

Q .

インターネットへ接続する必要はありますか?

A .

どのシステムも院内LANで動く仕組みになっています。
リモート保守をご希望される場合以外は、インターネット接続されている必要はありません。

Q .

入力データはどのくらいの量が保存されるのでしょうか?

A .

サーバーのスペックや画像データ等の量によりますが、どのシステムも5年以上は十分にデータ保存が可能です。

Q .

ネットワークへの負荷が心配ですが、どうなっていますか?

A .

eラーニング研修コンテンツや添付ファイルを除けばすべてテキストデータです。
入力や情報共有によるネットワーク負荷は大きくありません。
またeラーニング研修コンテンツも、数人が同時受講することがなければ負荷は心配ありません。
レスポンス向上のためには、サーバーを100Mbps以上のLAN環境に接続することをお勧めしています。

Q .

eラーニング研修教育システムのSafeMasterオリジナルコンテンツは最大どれくらいのファイルサイズですか?

A .

1教材あたり10MB~50MBです。1単元あたりの最大は1.5MB程度です。

Q .

バックアップはどのように行いますか?

A .

スケジュールによる自動バックアップを行います。結果は管理者に通知されます。