new_03 第19回日本褥瘡学会学術集会に出展いたします

第19回日本褥瘡学会学術集会にSafeMaster「褥瘡管理システム」を出展いたします。
ぜひ実際にSafeMaster「褥瘡管理システム」を見て、触って、ご体験ください。
SafeMaster「導入施設紹介」をご参照ください。

170824【H2909】褥瘡学会

学会集会の詳細につきましては、こちらの第19回日本褥瘡学会学術集会のホームページをご参照ください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

第32回日本環境感染学会総会・学術集会へのご来場有難うございました

2017年2月24日(金)、25日(土)に神戸国際会議場で開催されました
第32回日本環境感染学会総会・学術集会では、弊社ブースに
たくさんの皆様にご来場いただき、誠に有難うございました。

【会 期】2017年2月24日(金)、25日(土)
【会 場】神戸国際展示場
     神戸国際会議場
     神戸ポートピアホテル
【会 長】森屋 恭爾
    (東京大学大学院医学系研究科感染制御学 教授)
【テーマ】感染制御学の基本と革新-感染症拡大を防ぐ-

今回の展示では、
SafeMaster「感染管理システム」が院内感染の早期察知やサーベイランスをトータルに支援する全員参加型システムであり、
さらに院内の様々なチーム医療との連携をサポートできるシステムであることを強くアピールさせていただきました。
ご来場された方には、機能や使い方などについて、大変に熱心なご質問やご意見をたくさん頂きました。

弊社展示以外にも、弊社が事務局を務める「感染管理システム施設連携研究会」が「感染管理システム施設連携研究会
12施設による抗菌薬使用と耐性菌分離率に関する国内共同サーベイランス」と題して研究成果を報告しています。

今後もシステム開発を通じて皆様の臨床の場にお役に立てるよう努力してまいりたいと思いますので、
なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

学術集会の詳細につきましてはこちらの第32回日本環境感染学会総会のホームページをご参照ください。
誠に有難うございました。

20140206132623_1

第32回日本環境感染学会総会・学術集会に出展いたします

第32回日本環境感染学会総会・学術集会にSafeMaster「感染管理システム」を出展いたします。
ぜひ実際にSafeMaster「感染管理システム」を見て、触って、ご体験ください。

【会 期】2017年2月24日(金)、25日(土)
【会 場】神戸国際展示場
     神戸国際会議場
     神戸ポートピアホテル
【会 長】森屋 恭爾
    (東京大学大学院医学系研究科感染制御学 教授)
【テーマ】感染制御学の基本と革新-感染症拡大を防ぐ-

今回の展示では、SafeMaster「感染管理システム」の展示を通して、SafeMaster「感染管理システム」が院内感染の早期察知やサーベイランスをトータルに支援する全員参加型システムであり、さらに院内の様々なチーム医療との連携をサポートできるシステムであることを強くアピールしたいと考えています。

学術集会の詳細につきましてはこちらの第32回日本環境感染学会総会のホームページをご参照ください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

20140206132623_1

第11回医療の質・安全学会学術集会へのご来場有難うございました

2016年11月19日(土)・20日(日)に幕張メッセで開催されました第11回医療の質・安全学会学術集会では、弊社ブースにたくさんの皆様にご来場いただき、誠に有難うございました。

今回の出展では、SafeMaster「インシデント管理システム」を中心にご紹介し、本システムがインシデント報告、統計分析、各種分析手法による原因分析、改善対策、eラーニングによる安全研修まで、医療安全活動に必須の機能をトータルにサポートするシステムであることをご紹介させていただきました。

また、今回の展示では「インシデント管理システム」だけでなく「感染管理システム」「TQM・退院支援統合管理システム」など、医療の質とチーム医療を支援するシステムについてもご案内させていただきました。

20150413112743_2

おかげさまでご来訪いただいた多くの方に、どのシステムについても高い評価をいただきました。

【会 期】2016年11月19日(土)・20日(日)
【会 場】幕張メッセ国際会議場 
【会 長】井部 俊子(聖路加国際大学)
【プログラム委員長】相馬 孝博(千葉大学医学部附属病院 医療安全管理部)
【テーマ】医療の質と安全のあいだ

SafeMaster「インシデント管理システム」は、全国300以上の医療施設でご利用いただいている実績あるシステムです。
システムをご導入される際は、ぜひご検討をお願いいたします。
また、SafeMasterは、「インシデント管理システム」「感染管理システム」「褥瘡管理システム」「NST管理システム」「緩和ケア管理システム」「TQM・退院支援統合管理システム」等のシステムを連携することで、医療の質向上とチーム医療を効果的にサポートします。
SafeMasterのチーム医療システムもぜひよろしくお願いいたします。

学術集会の詳細につきましてはこちらの第11回医療の質・安全学会学術集会のホームページをご参照ください。
たくさんのご来場、誠に有難うございました。

九州ホスピタルショウ2016へのご来場有難うございました

2016年11月17日(木)、18日(金)に福岡国際会議場で開催されました九州ホスピタルショウ2016では、株式会社アステムブース(株式会社セーフマスターからはSafeMasteraチーム医療システムを出展)に、たくさんの皆様にご来場いただき、誠に有難うございました。

今回の展示では、「感染管理システム」「緩和ケア管理システム」をメインに、SafeMasterのチーム医療システム「インシデント管理システム」「褥瘡管理システム」「NST管理システム」をご紹介し、さらに本年から発売を開始しました医療の質管理と退院支援業務を支援する「TQM・退院支援統合管理システム」を展示し、SafeMasterがチーム医療と医療の質向上を総合的にサポートするシステムであることをご案内させていただきました。

九州ホスピタルショウ2016
【会 期】2016年11月17日(木)、18日(金)
【会 場】福岡国際会議場

また、11月17日(木)の出展者プレゼンテーションセミナーにも、たくさんの方にご参加いただき、誠に有難うございました。
弊社取締役経営企画部長の松井康夫より、「医療の質向上におけるIT活用」について講演をさせていただきました。

出展者プレゼンテーションセミナー
【講演日】2016年11月17日(木)13:45~14:30(45分)
【講演者】株式会社セーフマスター 取締役経営企画部長 松井康夫
【演 題】「医療の質向上におけるIT活用」

ご来場された方には、システムについての機能や使い方など、大変に熱心なご質問やご意見をたくさん頂きました。

kyushu_hs_2016
seminar

今回皆様からいただいたご意見を今後のシステム開発に生かし、
また皆様の臨床の場にフィードバックできるよう、努力してまいりたいと思います。
今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

九州ホスピタルショウ2016の詳細につきましては、こちらの九州ホスピタルショウ2016のホームページをご参照ください。
誠に有難うございました。

第11回医療の質・安全学会学術集会に出展いたします

第11回医療の質・安全学会学術集会にSafeMaster「インシデント管理システム」を出展いたします。
SafeMaster「インシデント管理システム」は、インシデント報告、統計分析、各種分析手法による原因分析、改善対策、eラーニングによる安全研修まで、医療安全活動に必須の機能をトータルにサポートする実績あるシステムです。
おかげさまでSafeMaster「インシデント管理システム」は全国の300以上の医療施設でご利用いただいております。
ぜひ実際に見て、触って、ご体験ください。

【会 期】2016年11月19日(土)・20日(日)
【会 場】幕張メッセ国際会議場 
【会 長】井部 俊子(聖路加国際大学)
【プログラム委員長】
相馬 孝博(千葉大学医学部附属病院 医療安全管理部)
【テーマ】医療の質と安全のあいだ

今回の展示では「インシデント管理システム」だけでなく医療の質とチーム医療を支援するシステムも展示いたします。

20150413112743_2

SafeMasterは、「インシデント管理システム」「感染管理システム」「褥瘡管理システム」「NST管理システム」「緩和ケア管理システム」「TQM・退院支援統合管理システム」等のシステムを効果的に連携することにより、医療の質向上とチーム医療を総合的にサポートしています。

学術集会の詳細につきましてはこちらの第11回医療の質・安全学会学術集会のホームページをご参照ください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

九州ホスピタルショウ2016に出展いたします

九州ホスピタルショウ2016にSafeMasteraチーム医療システムを出展いたします。
今回の展示では、「感染管理システム」「緩和ケア管理システム」をメインに、
SafeMasterのチーム医療システム「インシデント管理システム」「褥瘡管理システム」「NST管理システム」をご紹介し、
さらに本年から発売を開始しました医療の質管理と退院支援業務を支援する「TQM・退院支援統合管理システム」を展示し、
チーム医療と医療の質向上を総合的にサポートするシステムであることを強くアピールしたいと考えています。

九州ホスピタルショウ2016
【会 期】2016年11月17日(木)、18日(金)
【会 場】福岡国際会議場

11月17日(木)には出展者プレゼンテーションセミナーで講演も行いますので、ぜひご参加ください。

astem_hs_kyushu2016

出展者プレゼンテーションセミナー
【講演日】2016年11月17日(木)13:45~14:30(45分)
【講演者】株式会社セーフマスター 取締役経営企画部長 松井康夫
【演 題】「医療の質向上におけるIT活用」

詳しくは、こちらのご案内リーフレット(PDF:754KB)をご覧ください。

九州ホスピタルショウ2016の詳細につきましては、こちらの九州ホスピタルショウ2016のホームページをご参照ください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

第18回日本褥瘡学会学術集会へのご来場有難うございました

2016年9月2日(金)、3日(土)にパシフィコ横浜で開催されました第18回日本褥瘡学会学術集会に、SafeMaster「褥瘡管理システム」を出展いたしました。たくさんの方にご来場いただき、おかげさまで大好評のうちに終了いたしました。誠にありがとうございました。

【会 期】2016年 9月 2日(金)、3日(土)
【会 場】パシフィコ横浜
【会 長】坪井 良治
    (東京医科大学 皮膚科学分野 教授)
【テーマ】深まる知識 広がる連携
2016_jokusou_gakkai
今回の展示では、褥瘡患者への早期介入と情報共有を実現する全員参加型システムであり、さらに栄養サポートチームや
感染制御チームなど、他チームとの連携機能を強化した褥瘡管理支援システムであることを強くアピールさせていただきました。

ご来場された方には、機能や使い方などについて、大変に熱心なご質問やご意見をたくさん頂きました。
今回頂いたご意見を今後のシステム開発に生かし、皆様の臨床の場にお役に立てるよう努力してまいりたいと思います。
今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

学術集会の詳細についてはこちらの第18回日本褥瘡学会学術集会のホームページをご参照ください。

2016.9.2 第18回日本褥瘡学会学術集会に出展いたします

第18回日本褥瘡学会学術集会にSafeMaster「褥瘡管理システム」を出展いたします。

危険因子・ハイリスク患者を瞬時に把握でき、アセスメント、看護記録、褥瘡記録(DESIGN-R)、
さらに回診記録まで、効率よく記録できるSafeMaster「褥瘡管理システム」をぜひ実際にご体験ください。
※会場では、「NST管理システム」「感染管理システム」「緩和ケア管理システム」もご覧いただけます。

20140806112218_1

【会 期】2016年 9月 2日(金)、3日(土)
【会 場】パシフィコ横浜
【会 長】坪井 良治(東京医科大学 皮膚科学分野 教授)
【テーマ】深まる知識 広がる連携

今回の展示では、SafeMaster「褥瘡管理システム」が褥瘡患者への早期介入と情報共有を実現する全員参加型システムであり、
さらに栄養サポートチームや感染制御チームなど、他チームとの連携機能を強化した褥瘡管理支援システムであることを
強くアピールしたいと考えています。皆さまのご来場、お待ちしております。

学術集会の詳細についてはこちらの第18回日本褥瘡学会学術集会のホームページをご参照ください。

第21回日本緩和医療学会学術大会へのご来場有難うございました

2016年6月17日(金)、18日(土)に国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都で開催されました第21回日本緩和医療学会学術大会に、SafeMaster「緩和ケア管理システム」を出展いたしました。たくさんの方にご来場いただき、おかげさまで大好評のうちに終了いたしました。誠にありがとうございました。

【会 期】2016年6月17日(金)、18日(土)
【会 場】国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都
【会 長】細川 豊史
    (京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学講座 教授)
【テーマ】~あなたらしさに寄り添って~
     “愛と思いやり・・・そしてユーモア・・・”
21回緩和_20160617
今回の展示では、がん診療連携拠点病院の「現状報告(緩和ケア)」と日本緩和医療学会の「緩和ケアチーム登録」のデータ出力ができることを強くアピールさせていただきました。

ご来場された方には、機能や使い方などについて、大変に熱心なご質問やご意見をたくさん頂きました。
今回頂いたご意見を今後のシステム開発に生かし、皆様の臨床の場にお役に立てるよう努力してまいりたいと思います。
今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

学術集会の詳細につきましては こちらの第21回日本緩和医療学会学術大会のホームページをご参照ください。