第32回日本環境感染学会総会・学術集会へのご来場有難うございました

2017年2月24日(金)、25日(土)に神戸国際会議場で開催されました
第32回日本環境感染学会総会・学術集会では、弊社ブースに
たくさんの皆様にご来場いただき、誠に有難うございました。

【会 期】2017年2月24日(金)、25日(土)
【会 場】神戸国際展示場
     神戸国際会議場
     神戸ポートピアホテル
【会 長】森屋 恭爾
    (東京大学大学院医学系研究科感染制御学 教授)
【テーマ】感染制御学の基本と革新-感染症拡大を防ぐ-

今回の展示では、
SafeMaster「感染管理システム」が院内感染の早期察知やサーベイランスをトータルに支援する全員参加型システムであり、
さらに院内の様々なチーム医療との連携をサポートできるシステムであることを強くアピールさせていただきました。
ご来場された方には、機能や使い方などについて、大変に熱心なご質問やご意見をたくさん頂きました。

弊社展示以外にも、弊社が事務局を務める「感染管理システム施設連携研究会」が「感染管理システム施設連携研究会
12施設による抗菌薬使用と耐性菌分離率に関する国内共同サーベイランス」と題して研究成果を報告しています。

今後もシステム開発を通じて皆様の臨床の場にお役に立てるよう努力してまいりたいと思いますので、
なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

学術集会の詳細につきましてはこちらの第32回日本環境感染学会総会のホームページをご参照ください。
誠に有難うございました。

20140206132623_1