new_03 第13回医療の質・安全学会学術集会に出展いたします

第13回医療の質・安全学会学術集会SafeMaster「インシデント管理システム」を出展いたします。

本システムは、インシデント報告、統計分析、各種分析手法による原因分析、改善対策、eラーニングによる安全研修まで、医療安全活動に必須の機能をトータルにサポートする実績あるシステムです。
おかげさまでSafeMaster「インシデント管理システム」は全国の300以上の医療施設でご利用いただいております。
ぜひ実際に見て、触って、ご体験ください。

【会 期】 2018年11月24日(土)・25日(日)
【会 場】 名古屋国際会議場
【会 長】 長尾 能雅(名古屋大学大学院医学系研究科)
【プログラム委員長】 松村 由美(京都大学医学部附属病院)
【メインテーマ】 クリニカル・ガバナンスの確立を目指して ‐質・安全学を基軸とする医療への移行‐

今回の展示では「インシデント管理システム」の他、医療の質とチーム医療を支援するシステムも展示いたします。
SafeMasterは以下のシステムを効果的に連携することにより、医療の質向上とチーム医療を総合的にサポートしています。
 ・インシデント管理システム
 ・感染管理システム
 ・褥瘡管理システム
 ・NST管理システム
 ・緩和ケア管理システム
 ・TQM・退院支援統合管理システム

学術集会の詳細につきましては第13回医療の質・安全学会学術集会のホームページをご参照ください。
たくさんのご来場、お待ちしております。